髪型

結婚式お呼ばれ時の髪型セットで困ったことや出費を抑える方法

更新日:

今はもう結婚式に呼ばれる機会も少なくなりましたので、今までの経験などを話していきたいと思います。

結婚式のお呼ばれ時の髪型セットの際に一番困ったこと

最初に結婚式に呼ばれたのは高校3年生の頃。

2歳年上で高校の部活の先輩(OG)が秋に突然学校に来られて招待状を渡してきました。

数ヵ月の間でしたが優しい先輩だったので喜んで参加することに。

式は翌年高校を卒業してからでした。

髪の毛はその頃肩くらいの長さまで伸ばしてた社会人前の頃、髪の毛のセットなどなにも考えもせずワンピースにリボン型のヘアピンでサイドを留める程度でした。

20代から30代に入ると結婚式に呼ばれる機会が増え、着ていく服も髪型もバリエーションが増えて美容室へ行くのもお金がかかり大変な時期でもありました。

一番困ったのはいつも行く美容室が結婚式に呼ばれた日定休日だったことです。

開けて欲しいとも言えず、当時はネットも普及してないので空いてる店を探そうにも手立てとして友達や地元情報誌に掲載されてる美容室を探したりと焦ってました。

一度だけいつも行く美容室の店長がその日定休日だけど、予定もなく空いてるから来てもいいと言われたことがあセットをしてもらいました。

あと、結婚式の時間が10時にあると髪の毛のセットなどを8時にオープン前に美容室へお願いしないといけないときは店員さんは笑顔で対応してくれてましたが、申し訳なく思ったりしてました。

私の髪の毛はストレートでずっと肩くらいの長さまでをキープしてたので結婚式の招待を受けると髪の毛をさらに伸ばしキレイにアップでセットしてもらいました。

美容室での髪型セットで出費がかさんでしまう場合は….

しかし、20代後半になると3連休中に結婚式が重なってしまい、毎日セットしてもらうには出費がかさんでしまうと美容室の店長に相談したら、パーマをかけて髪の毛をセットアップしてように見せることができるのがあるからと提案してもらい実際友達や親戚からも好評でその年からしばらくパーマで過ごしてました。

結婚式の招待は県内のみならず、県外の親戚や友人などからも呼ばれることもあり、パーマをかけてないときだったのでセットをどうするか親戚、友人に訪ねると、式場でも頼むことができるから予約してあげると言われ、そうゆうのがあるのかと1つ勉強になりました。

子供の頃は母が髪の毛を伸ばすのを嫌がり、ずっとショートで過ごしてました。

高校生の頃部活を引退してから伸ばしていましたが、自分では髪の毛のセットなど到底無理でした。

あるとき友達の家へ遊びに行くと友達は雑誌を前に一生懸命髪の毛を編み込んでました。

何をしてるのかと聞くと、結婚式で髪の毛のセットなどを美容室で頼むのはお金も時間もかかるから自分で好きなように出来るために練習をしていると。

段々皆結婚式に呼ばれるのが慣れてきてるからそれなりの節約方法を見つけているんだなと思いました。

結局私もその友達に習って挑戦してみましたが堪えきれず断念し、都合がつけば友達にセットをお願いし、友達は要らないと言ってましたがそんな訳にもいかず謝礼金を渡してました。

ネットが普及し出して髪の毛のアレンジなどが動画でアップされるのを見てますが、未だにやってみようという気にはなれません。

➡︎何度も呼ばれる人は結婚式の髪型について知識を蓄えておこう!

美容室での結婚式お呼ばれヘアセットの方法も変化してきている

30代に入ると私もやっと結婚することができ、周りも落ち着いて呼ばれる機会が無くなった頃、私の髪の毛はボブ位でした。

親戚の子供の結婚式に呼ばれ、久しぶりのご招待に普段オシャレをする機会がなかったのでウキウキしながらセットを美容室に予約しました。

しかし、髪の毛の長さが足りないからどうするものかと思ってましたが、ここ数年の間に髪の毛のセット技術もかわってきました。

多少のウィッグを使用しながらもあれば、髪の毛のサイド部分を編み込みし、後ろ髪の方へ移動させヘアピンでアップ風に見せたりと驚きました。

親戚のおばさん達も私の髪型を見て感心してました。

-髪型

Copyright© Aight(エイト) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.