自動車

4代目新型プリウスのデザイン評価について

投稿日:

東京モーターショー2015で4代目となる新型プリウスが展示され、
国内初ということもありかなりの好感度を持たれているようです。

トヨタ車に乗り換える人が続出!

トヨタ車 エンブレム

発売は2015年12月といわれており、
トヨタ車ユーザーのみならず他車からの乗り換えを検討されている方も
いらっしゃるかと思います。

低燃費車が人気

低燃費 新型プリウス

環境に負荷をかけないとか燃費を重視して車を選ぶといったことから
ハイブリッド車を選ばれるといったユーザーも、
やはり車のデザインは選択の際の大きな要素となることかと思います。

新型プリウスのデザインの特徴

では、新型プリウスの気になるスタイリングはどうでしょうか?
新型(4代目)プリウスのスタイリングは、
初代プリウスからのDNAを受け継ぐ
トライアングルシルエットが踏襲されています。

空力性能を極めた三角錐型でかなり滑らかな印象を受けます。
昨年末に世界で初めて投入された
量産型燃料電池車「MIRAI(ミライ)」を彷彿とさせる
外観デザインが採用されています。

3代目に比べるとルーフの頂点が20mm低くなっており、
かつエンジンフードも低く抑えたといわれています。

ボディサイズは大きくなった?!

実際のボディサイズは
全長4540mm×全幅1760mm×全高1470mm。
3代目よりも60mm長く、15mm広く、20mm低くなっています。

前後のタイヤの中心がどれくらい離れているかを表す
ホイールベースは2700mmと、3代目と全く同じ値ながら
室内空間は拡大している」とデザイナーは胸を張っています。

これはTNGA(Toyota New Global Architecture)という
トヨタ技術陣の新しい考え方に沿って開発された
新型のパワートレーンとプラットフォーム(車台)を採用した結果といえるでしょう。

乗り心地と操作性もアップ!

走る楽しさを搭載した新型プリウス

さらにボディ剛性を高め、エンジンや
トランスミッションといったパワートレーンを低い位置に搭載し、
重心を低くしたことで、操縦安定性乗り心地を向上し
運転する楽しさ」を追求した結果といえるのです。

燃料電池車「MIRAI(ミライ)」は国産車では初めて
量産化を果たした夢のクルマです。
水素と酸素を化合する際に発生する電気を動力とするもので、
これから国内各地に建設されるであろう
「水素ステーション」で水素を充填し空気中の酸素を取り込み
化学反応させるというもので、
スタイリングの特徴はフロントマスクに大きな特徴を持っているのです。

特徴はフロントマスクにあった!

それはフロント下部の大きな空気取り入れ口にあります。
まるで戦闘機にエアインテークを思わせるかっこよさなのです。

近未来的なデザインといわれるゆえんとなっているのです。
4代目プリウスにはその「MIRAI(ミライ)」の
デザインコンセプト『知恵をカタチに』が存分に生かされており、
まるで未来から来た車のようであり、
また近い将来の自動車はこのようなるのかなとも思わせるような
特徴あるスタイリングが実現されているように思います。

搭載機能は十分

また、搭載されている装備にも近未来車を感じさせるものがあります。
「トヨタ・セーフティ・センスP」具体的には、
ミリ波レーダーと単眼カメラの組み合わせにより、
車に加えて歩行者も検知して自動ブレーキをかける
「プリクラッシュ・セーフティ」のほか、
レーダーで前を走る車との距離を測って、近づきすぎるときには
自動ブレーキをかけて車間を保持する「レーダークルーズコントロール」、
白線からはみ出ることを警告する「レーンデパーチャーアラート」、
対向車を検知すると自動でロービームに切り替える
「オートマチックハイビーム」などがあり、
実はこの機能が搭載されていれば、ソフトウェアの追加によって、
セミ自動運転まで実現できるかもしれない
ポテンシャルを持っているといえるでしょう。

正確に着実に進化した

このように4代目プリウスは初代から2代目、
3代目と続くDNAを確実に継承しつつ、近未来的な可能性を秘めながら、
確実にかつ正常に進化を遂げてきた車であるといえます。

4代目プリウスは「Beautiful Hybrid(美しい地球、美しいクルマ)」
というコンセプトのもとに、優れた燃費性能
さらに進化させながら感性に響くスタイリングや人中心のインテリアによって、
ワクワクドキドキする運転の楽しさが出来る車となりました。

さらに、先進の安全性能を装備したことで
確実に進化を遂げた車になりました。
未来に続く新型4代目プリウスは一番のおすすめです。

関連記事
トヨタの新型プリウスの色(カラー)情報
新型プリウスの居住性が大幅にアップ!
完璧と言われる新型プリウスに欠点は存在するのか?

-自動車

Copyright© Aight(エイト) , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.