自動車

新型プリウスの燃費は高速でどれくらいまで伸びるのか?

投稿日:

2015年の12月9日に、
フルモデルチェンジの新型プリウスが発売されます。
この情報が出たのはごく最近の事で、発売日が刻一刻と迫っております。

プリウスの1番の魅力はハイブリッド

プリウスの1番の魅力はハイブリッド

ディーラーには毎日の様に
多くの新型プリウスに興味のある方が訪れており、
カタログなどを見つめて発売を待ちに待っている状態です。
さて、そんなプリウスの一番の魅力といえば、ハイブリットカーであること。

つまり燃費がとてもいいのが、プリウスと言う訳です。
そこで、新型プリウスの燃費が気になると思いますが、
予想以上の燃費性能に驚いております。

なんと、プリウス史上初の「40km/L」と言う、
とんでもない数値を誇っているのです。
しかしながら、最大燃費と実燃費というのには差があって、
一般道と高速道路でも差は出ますし、
自分の運転次第で燃費が悪くなったりもします。

そこで、一般道と高速道路での実燃費を、
現在の新型モデルのプリウスから予想してみます。

トヨタプリウス参考 カタログ上での数値

新型プリウス購入時に注意する事!

こちらは最大燃費32.6km/L。

  • 市街地などの一般道では、「20~22km」
  • 高速道路では、「24~26km/L」

これは道路の凸凹具合とか坂の多さ、走行距離、天気などで燃費は変動していきます。

新型プリウスカタログの情報から、新型プリウスの
最大燃費は40km/Lと書かれています。

これを上記のプリウスの実燃費を参考に算出して見る。

  • 市街地などの一般道 「28~30km/L」
  • 高速道路「33~35km/L」

上記のプリウスと同じように、
交通や天気などの状態で変動はありますが、このぐらいの数値には落ち着きそうです。

新型シエンタになって燃費が凄く上昇!

res_261968_1

①と②のプリウスの燃費を比べてみた所、
実燃費でもかなりの差が出ることが予想できますね。

ガソリンの値段も下がったり上がったりとしているので、
1リットルでもガソリンを節約できる車を選びたいところです。

そんな時期に、一般道でも30km/Lの燃費を誇る新型プリウスは、
同じ値段の車と比べてもダントツの燃費性能だと言えるので、
レジャーなどで遠出する方には、本当にオススメ出来る車だと思います。

新型プリウスの安全性はどう変化したのか?

トヨタセーフティセンス

ここまでの情報で、どれだけ新型プリウスが現行のものと比べて
燃費がいいかは伝わったと思われますが、
燃費以上に大事なのはやはり安全ですよね?

新型プリウスは安全面にも並々ならぬこだわりを見せています。
TVCMなどでご存知の方も多いと思いますが、
自動ブレーキ」と「バックモニター」もメーカーオプションとして付いているんです。

二つの優秀なオプションの詳細

余り説明はいらないと思いますが、自動ブレーキと言うのは、
前方の危険や障害物を事前に認識して、
確実に安全な距離で止まってくれる機能です。

アクセルの踏み込みや、スピードの出しすぎなどで
突っ込んでしまうと言う事故も防げ、
運転手や同乗者にも安心な優しい機能とも言えますね。

新型プリウスを買うのならば、確実に付けた方がいいオプションの一つ。
もう一つのバックモニターというは、単眼カメラで
映し出された後方の景色をモニターで見ながら、
確実に駐車を出来るようにするという、駐車が下手な人向けの機能です。

自分の知り合いの車にも装備されているのですが、
よく曲がって駐車していたり、どこかにこすったりしていた知人でしたが、
確実に駐車できるようになっていました。

後方が見えるということで、硬いものを踏んでパンクをしたり、
生き物が居て衝突したりということも未然に防げますね。

ご自宅にペットや小さいお子さんがいらっしゃる方は、
念の為に付けておいたほうが安心できると思いますので、装備することをお勧めします。

さすが新型だな!!」と言える性能を持っていると思うので、
近いうちに車を買おうと思っていた方は、
是非とも新型プリウスを候補に入れて下さい!!

-自動車

Copyright© Aight(エイト) , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.