自動車

トヨタ 86の口コミまとめ! 価格・納期・燃費・内装などを紹介!

更新日:

21世紀によみがえった86は、スバルBRZとの兄弟車として誕生。

おそらく欧州やアメリカでは86への日本人ユーザーの熱狂さが分からないかもしれません。

ですが、近い将来86がライトウェイトスポーツマシンとして、日本を代表する車になるのは間違いないでしょう。

この86を手にした幸運を、ユーザーはどう評価しているのでしょうか?さっそく口コミを検証していきましょう。

伝説の車とは、愛称で呼ばれ、語り継がれるもの。

例えば「ヨタハチ」「ハコスカ」「ベレG」「エスロク」…そしてカローラ・レビン、スプリンター・トレノの型式「AE86」でしょうか。

なぜ86がこれほどすごいのか?それはFR最後のホットマシンであること、車重バランスが前後で50対50にほとんど近くまで設定できること、そしてサスペンションが前ストラットであるのに対し、リヤがリジットであることでしょう。

駒の様に回ることでドリフトが容易にできること、そしてリジットという古典的なサスが、あまりにもアグレッシブなのは言うまでもありません。

TOYOTA86 の価格

86 GT“Limited” 2.0L(6AT) FR 2WD
3,183,840円

86 GT“Limited” 2.0L(6MT) FR 2WD
3,250,800円

引用:http://toyota.jp/86/grade/

86 GT 2.0L(6AT) FR 2WD
3,048,840円

86 GT 2.0L(6MT) FR 2WD
2,981,880円

引用:http://toyota.jp/86/grade/

86 G 2.0L(6AT) FR 2WD
2,647,080円

86 G 2.0L(6MT) FR 2WD
2,623,320円

引用:http://toyota.jp/86/grade/

何を持って価格に満足するのか?この車の魅力は走ったものでしかわかりません。

口コミで散見されたのは「旧86世代」と「旧86を知らない世代」であまりにも違うことでしょう。

ロータス・エリーゼのようなライトウェイトスポーツをイメージしている方、あるいは、回頭性の鋭いホットモデルと思っている方。

300万円というベースプライスは非常にこなれたもの。

口コミにあったのは「1万キロ未満で手放す」方がいかにこの車を知らずにコメントを書いているのか?という問いかけと、「試乗でわかる、この車は浅い」と突き放す方。

どちらも正しいのですが、やはりどれだけ乗りこなしているのか、でコメントの中身、楽しさが伝わるかどうか…ではないでしょうか?

楽しんでいる方の多くは「安い!300万円」と思っているようです。

引用:http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20160705003897_comm.jpg

納期の口コミ

デビュー当時に比べるとずいぶん早くなっています。現在は2か月以内。

口コミでは「スバルの水平対向エンジンが86に!」というものは、残念ながらありません。

当然ながらBRZに行くわけですが…

引用:http://toyota.jp/pages/contents/86/001_p_009/image/top/community_img_01.jpg

新車の情報はこちら!価格、グレード、燃費や人気カラーを紹介中!

燃費の口コミ

 

引用:http://www.carcoating-glasscoating.com/corting/wp/wp-content/uploads/2013/07/toyota86_02-1.jpg

燃費に関しては、以下のような口コミがありました。

・総合的評価
パワーも、決して非力というわけではない

ただ、下道で、2~2500回転あたりで走るにはそこらの車と大差無し

4000回転あたりまでは、非常におとなしく素直

5000回転あたりで一気にパワーバンドに入り、化けの皮が剥がれるといった印象

ワインディング走行時も安定

ただ、純正タイヤではグリップ力に欠ける部分があり、グリップ走行するならタイヤを交換したほうがいいかも
(goo.netより)

・燃費云々はあまり興味がないが、40km、50kmで走っていても燃費は変わらない。(goo.netより)

【総合評価】
6МT車に乗ってます。2ドアクーペとしては運転しやすいし、一般道で走る分にはパワーも申し分なし。

17インチを履いてるので期待はしてなかったが、まあ硬めにしても乗り心地も意外と悪くない。

ステアリングやアクセル、ブレーキワークでの荷重移動がしやすい。

燃費は良いに越したことないだろうが、2リッターNAにしてはまずまず。

【良い点】
チャキチャキ走らせて車を操作してる事自体が愉しい車。

ハンドリングや足廻りの動き、前後の荷重のかけ方、タイヤの接地感等を感じながら走ると非常に楽しいし、実際解り易い。

「スポーツカーなのにターボも付いてないのかよ」という人や、高速道路でブイブイ飛ばしたいだけの人はすぐ飽きると思います。

ノーマルタイヤとノーマルの足廻りがベストマッチ。ハイグリップタイヤを履いたり、インチアップするとたぶん足廻りが物足りなくなると思います。逆も然り。
(goo.netより)

燃費は8~9(GT)前後。レッドゾーンで吹っ切れないようにリミットがあって、がっかり。

もう若くないけど、サーキット走行で吹っ飛ばしたい。

こんなことしてるから、燃費は良くないのだが(カーセンサーより)

引用:http://s3.caradvice.com.au/wp-content/uploads/2013/02/Toyota-86-TRD-4.jpg

新車の情報はこちら!価格、グレード、燃費や人気カラーを紹介中!

内装の口コミ

おもちゃっぽいという評価がある86。

確かに初代のビートに似ている感じはありますね。

ただ、スポーツクーペは元来そういうもので、オーディオレス、ナビもついていない、MTで、シフトはアルミの削り出し。

大事なのはバケットシート、ステアリング、ペダルとシフトノブだけ…そういった50代のAE86世代からは「イイじゃん」というコメントが。

引用:http://autonetmagz.net/wp-content/uploads/2014/10/Toyota-86-Facelift-Interior.jpg

他の口コミを見てみましょう。

Gを購入。素で十分と感じた。ドリンクホルダーが遠い!低回転でガラガラ音がするのが興ざめ。でも楽しい。(価格com.より)

4人乗せることはないと思うけど、4座あるのはいい。

ただ、カタログでタイヤ4つが運べます…というのはなんだろうな~シートを倒すだけの話じゃない?

引用:http://www.blogcdn.com/jp.autoblog.com/media/2012/12/toyota86-15.jpg

現在は特別仕様車がありませんが、モデリスタ仕様にされている方は多いようです。

・エアロキット、リヤスパッツなど一式を付けました。

120万円ほどアップですが、GTリミテッドじゃないとできないのは残念。

Gにフル装備したかったのですが…

・モデリスタのインテリアに変更。かっこいいですよ。

ヘアライン調、暗がりで妖しく映えるんで、気に入っています。

なんか赤は似合わないなあ、と思いました。

引用:http://www.modellista.co.jp/product/86/selection/index.html

TOYOTA86 の口コミまとめ

引用:http://www.ft86club.com/forums/attachment.php?attachmentid=108601&d=1430511691

2012年デビュー当時は半年待ちだった納期も、現在は順調に流れていますが、まだまだ誤解がかなりありそうです。

例えば「200馬力なのに、トルクがない」といった口コミ。「2速が特に回らない」といった指摘。これらはパワー=加速、といった走行に慣れているような気がしてきます。

ダウンサイジングの波で、1.5Lエンジンにターボチャージャーという古典的な技を使っているドイツ車もかなり多い反面、86にはNA車としての走りを見たい…といった方も少なくないようです。

口コミで多いのは「カタログスペック」だけを追い求める方の多さ。

あくまでもスポーツクーペであって、ドライビングを楽しむ車の延長なのですが、期待感が大きすぎているようです。

引用:http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/33/4e/bda2b6281a804645b700748d083aae25.jpg

スバルBRZの口コミもぜひ探していただき、比較されるとよろしいのではないでしょうか?

ライトウェイトスポーツとしては、マツダ・ロードスターがありますが、ベクトルは真逆。

ぜひ両車を体感して、購入してください。

半年ほど乗ってからのコメントが一番参考になるはずです。

新車の情報はこちら!価格、グレード、燃費や人気カラーを紹介中!

-自動車

Copyright© Aight(エイト) , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.