ダイエット

青の花茶の効果って?

更新日:

皆さんはダイエットをしたことはありますか?

ダイエットと聞くと、厳しい運動や食事制限といった苦痛を思い浮かべると思います。

そんなダイエットを手軽に簡単に成功させるための強い味方がダイエット食品の数々です。

ダイエット食品を使えば必ずとは言わないものの、使い方次第ではとても効果的にダイエットを進めることができるでしょう。

デメリットといえば価格が高い傾向にあることですが、今回は大人気のスッキリフルーツ青汁を販売するファビウスから発売された期待の新作、青の花茶の効果はどのようなものなのか?

青の花茶の気になる効果についてご紹介していきます。

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

見た目の青色がとってもオシャレ!青の花茶はどんなお茶なの?

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

青の花茶の特徴といえば、何と言っても見た目の青色にあるでしょう。

友達の前で青の花茶を飲めば必ずや話題になるこの見た目は、着色料や合成料を使用せず自然の成分による色ですので驚きです。

青の花茶は見た目こそ体に良くないような印象を受ける方もいると思いますが、成分は天然ハーブのみで構成されその効能もとっても健康にいいものばかりです。

当然天然成分のみで味付けも砂糖などを使用していないので、ゼロカロリーとなっています。

他にも興奮作用があるカフェインもゼロとなっているので、飲むタイミングやシチュエーションを選ばないハーブティーと言えるでしょう。

引用:https://www.pakutaso.com/20150554141post-5541.html

天然成分のみで作られているため、味がどうしてもハーブ臭くなりそうなイメージだと思いますが、青の花茶の味はスッキリしていてとても飲みやすいため、ユーザーからも高評価を受けています。

特にダイエット中に食べられないものといったら甘いものですが、青の花茶の成分には砂糖の約100倍近い甘みをもつ甜茶が使われているため、スッキリした中にもほのかな甘みが感じられ、食欲を抑制できる効果もありそうです。

見た目も味もとっても嬉しい、青の花茶は飲料水としても美味しい飲み物と言えそうです。

青の花茶にはどんな効果が期待できるの?

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

見た目も味も素晴らしく、飲料水としても優秀な青野花茶ですが、ダイエットティーとしてはどうなのでしょうか?

ここでは青の花茶で得られる効果についてご紹介します。

・高いリラックス効果

引用:https://www.pakutaso.com/20160846242post-8859.html

現代社会はストレス社会と呼ばれるくらいに、ストレスを溜めやすい世の中となっていますが、実はこのストレスには肥満になりやすくなる効果が存在します。

単純にストレスを溜めやすいことは脂肪も溜めやすいと言えるのですが、これはストレスを感じた際に分泌されるホルモンにより脂肪やエネルギーを体内に吸収しやすくなるからです。

そんなストレスに効果を発揮するのが青の花茶です。

青の花茶の効果として1番に挙げられるのが、この高いリラックス効果。

青の花茶にはラフマや甘茶蔓といった、神経興奮を抑え精神安定に効果を発揮する天然ハーブが配合され成分レベルでその効果が見込めます。

また見た目の美しい青色は飲むユーザーの心も落ち着かせてくれる効果もあるでしょう。

さらにほのかな甘さがあるので、飲んでほっこりできるのも魅力的と言えそうです。

・お通じの改善といった様々な健康効果

引用:https://www.pakutaso.com/20170423111post-11196.html

天然ハーブで構成されている青の花茶には、成分として使われているハーブの効能が期待できます。

その中でも、高い健康効果が挙げられるでしょう。

特にお通じの改善には口コミでも多くのユーザーから評価されています。

お通じに関してはストレスにも関係するのですが、そもそもお通じが悪くなる原因に水分が不足している、腸内環境が悪い、腸がストレスを受け収縮していることが挙げられます。

ですので、ストレスを取り除くことでお通じの改善に期待でそうです。

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

他にも多くの効能が挙げられますが、中でも目に対する効能は忘れられないでしょう。

成分の1つであるメグスリノキは名前からわかる通り、眼病予防に効果を発揮し他にも高い健康成分が注目される、日本にのみ存在する樹木です。

そんなメグスリノキの効能は、現代社会でデスクワークといった目を酷使する社会人にとって必須成分と言えそうです。

他にもメグスリノキには解毒作用があり、他の成分にも肝臓に効果を発揮するものもあるため、二日酔いなどにも効果を発揮するとされています。

・バタフライピーの美容効果

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

青の花茶の主成分であり、美しい青色の素でもある成分がこのバタフライピーです。

このバタフライピーはタイに古くから馴染みのあるハーブで、高い美容効果が期待できます。

中でもアントシアニンはブルーベリーの約4.2倍といった豊富含まれており、アンチエイジングに高い効果を発揮するとされています。

また髪にも効果を発揮することから、美容室の染め粉にも使われていたりするようです。

味わいはマメ科の一種であるため少し豆の感じがする程度ですが、スッキリしていてとても飲みやすく、青の花茶の味のベースはこのバタフライピーではないでしょうか?

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

またクエン酸(レモンなど)を加えると紫色になるので見た目も楽しく使用できそうです。

他にも豆乳と混ぜたり、生姜と混ぜたりといった独自のアレンジで高い美容効果をさらに引き立てることも可能でしょう。

特にジンジャーミックスは代謝のアップも期待できるので、ダイエットティーとしての効果を引き立てオススメです。

青の花茶の効果を引き出す使い方とは?

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

青の花茶はいつどんな時に使用しても効果が発揮できるダイエットティーですが、使い方によってはその効果をもっと引き出すことができるでしょう。

そんな青の花茶の効果を引き出すオススメの使い方は、間食予防のためのリラックスティーとして使うことがオススメです。

ストレスを感じた際に甘いものを食べたくなることはありませんか?

コールセンターなどでよく聞く話ですが、ストレスを感じやすく、その際にお菓子といった甘いものが欲しくなると聞きます。

しかも基本動かないデスクワークなため、体重が増えたという方も多いです。

そんな食欲に対して青の花茶は効果的です。

青の花茶の青色には食欲を抑える効果が、ほのかな甘さにも食欲を抑え消化酵素の働きを阻害し吸収されにくくするため、こうした使い方で1日の摂取カロリーの抑制が期待できそうです。

まとめ

引用:https://www.pakutaso.com/20170109011post-9936.html

青の花茶の効果についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

使い方に関しては、高いリラックス効果から就寝前の使用もオススメといえます。

睡眠の質も上がり、ダイエットとしても疲労回復としても効果を発揮しそうです。

しかし青の花茶は基本どのタイミングでも効果を発揮するので、自分の生活にあった使い方を工夫してみてはいかがでしょうか?

-ダイエット

Copyright© Aight(エイト) , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.