ダイエット

青の花茶は効く?

更新日:

青の美しい色合いが神秘的な青の花茶。

この色合いは海外でアンチエイジングに効果が高いと言われるバタフライピーが原因です。

そんな青の花茶はストレス社会を生き抜く女性のために作られたダイエット飲料ですが、その効果はどれほどのものなのでしょうか?

今回は話題の青の花茶の効き目についてご紹介いたします。

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

ストレス社会を生きる女性の味方?

引用:https://www.pakutaso.com/20170136030post-10201.html

現代社会はストレス社会とも呼ばれるくらい、周りとの人間関係や仕事などの肉体的疲労によって多くの人がストレスを抱えていると思います。

特に女性にはストレスを感じやすい人も多いでしょう。

そんなストレス社会を生き抜く女性の間で、いま人気急上昇中のハーブティーを皆さんはご存知でしょうか?

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

青の印象的な色合いで見るものを魅了する飲み物ですが、こちらは青の花茶というハーブティーです。

もともと台湾で人気となっている、バタフライピーと呼ばれるドリンクに見た目は似ているのですが、こちらはそのバタフライピー(蝶豆)と他4種類のハーブを混ぜ合わせた見た目も中身の美しい飲み物となっています。

特に青の花茶の優れたところは、全女性の悩みである肥満とストレスに効果があるところでしょう!

メーカーサイトによれば、1日1杯飲むだけでスリムボディーを手に入れられるとのことです。

しかしお茶を飲むだけで痩せれば、誰も苦労してダイエットなんてしていないですよね?

では青の花茶は本当にストレス解消やダイエット効果があるのでしょうか?

そもそも青の花茶って?

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

おしゃれで尚且つ痩せることもできる、現代社会の女性にぴったりな青の花茶ですが、そもそもどんな商品なのでしょうか?

まず青の花茶はハーブティーです。

青色のベースとなっているメインハーブがバタフライピーで、他にも甜茶や甘茶蔓、メグスリノキ、ラフマを合わせて添加物なしの天然由来で美しい青色を出しています。

こちらの効果はストレスの軽減と肥満の改善ですが、これは上記のハーブによる効果が大きいです。

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

まずメインとなるバタフライピーですが、こちらは海外セレブがアンチエイジング目的に好んで飲食されることでも有名で、アントシアニンがブルーベリーの約4倍と豊富に含んでいることが特徴です。

味は蝶豆と呼ばれるだけあって少し豆っぽい味なのですが、癖も強くなくスッキリした飲みやすいのも特徴。

そこに青の花茶では、

・消化酵素を阻害し肥満防止に効果がある甜茶

・神経興奮を沈静化する効果があり、ストレス解消やアンチエイジングにも効果がある甘茶蔓

・カテキンを含み脂肪の燃焼効果が期待できるメグスリノキ

・鬱にも効果があるとされているラフマ

以上の4種類のハーブをブレンドして無添加ながら美味しく仕上げられています。

ハーブの効果を見れば、ストレスにうってつけのものや肥満防止のものまでしっかり入っていますね。

またアンチエイジングといった美容効果も女性としては嬉しいのではないでしょうか?

青の花茶はダイエット飲料でありながら、ホッと一息つくのに最適な美容商品といえるでしょう。

実際に飲んでみた人の感想は?

引用:https://www.pakutaso.com/20150100008post-5029.html

内容を見るとストレスにも、肥満に悩む女性にも効果がありそうですが、実際に飲んでいる人はどのような効果出ているのでしょうか?

ここでは実際に飲み続けられた口コミをみて総合的に判断したいと思います。

まず効果があったユーザーですが、

・軽いエクササイズで5キロ減に成功しました

・味も美味しく、お通じに効果が見られました

効果があった方の口コミは以上のようなものが多く、具体的な減量幅として5キロ減に成功している方もいるようです。

逆に効果がなかった方も。

・味は美味しく飲みやすいのですが、しばらく飲んでも効果が実感できませんでした。

以上のような口コミデータもあるので個人差が感じられます。

味については、天然由来でノーシュガー・ノーカロリーながら甜茶や甘茶蔓には砂糖の何倍もの甘みを持つため美味しく飲むことができるようです。

ですので無理なく続けることはできそうです。

引用:https://www.pakutaso.com/20140451107post-4066.html

また美容効果に加えて、お通じ改善にも効果が見られるようですので、溜め込まない体への変化が期待できそうです。

個人差はあれど、ダイエット効果には期待できると言えるでしょう。

さらに効果を高めたい人はこれもオススメ!

引用:https://www.pakutaso.com/20140451107post-4066.html

口コミで効果がある人とない人それぞれいましたが、効果を出すにはどうしたらいいのでしょうか?

ここでは青の花茶を効果的に活用する方法についてご紹介いたします。

青の花茶のダイエットに関しての効能としては

・ストレス緩和による、ストレス太りの抑制(過食を抑えることにも)

・体質改善による代謝アップ

主に以上の2つでしょう。

市販のトクホ商品で有名なカテキンもありますが、青の花茶は渋み防止のためにタンニン(カテキン)をおせえて製法されているため脂肪の燃焼効果はそこまで期待しないほうが良いかと思います。

ストレスは血管の縮小を引き起こし血流低下による代謝の悪化や、中性脂肪を取り込む効果があるインスリンが分泌されるため太りやすい原因となってしまいます。

ですのでストレスをため込みにくい人=太りにくい人と言えるのですが、青の花茶はそんなストレスをため込みやすい人にぴったりな商品と言えるでしょう。

またお通じ改善効果や代謝をあげてくれるので、体の断捨離にも効果があるでしょう。

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

青の花茶に使用されている甜茶には、砂糖の何倍もの甘みを持つためお菓子等の余計なカロリー摂取を抑える効果もあるので、

オフィスでの飲み物や小腹が空いた際の飲み物として置き換えると、さらに効果が期待できるでしょう。

まとめ

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

青の花茶の効き目について見ていきましたが、個人差はあるものの効果が期待できると言えるでしょう。

現在市販品でもダイエットティーは多く出回っていますが、脂肪の燃焼と吸収の抑制をし、尚且つ美容にも効果的なものはどこにもないでしょう。

青の花茶の優れたところは、機能もそうですが、続けやすさといった継続性にあるでしょう。

特に味も優しい甘さで美味しいので、ダイエットでありがちなストレスを解消し継続の手助けをしています。

ですので他のダイエットと組み合わせて、空腹時等のストレス緩和にも大きく効果を発揮してくれます。

日頃のストレスでついつい食べ過ぎてしまう方は、特に効果が期待できる商品だと言えるので、健康で美しいライフワークのお供に青の花茶を飲んでみてはいかがでしょうか?

-ダイエット

Copyright© Aight(エイト) , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.