ダイエット

青の花茶はおいしい?

更新日:

ダイエットがなかなか続けられない、効果が感じられない方にとって効果的なダイエット商品は魅力的です。

特に簡単に使用できて、継続しやすいものがいいでしょう。

しかしこのようなダイエット商品の大半は、効果は素晴らしいが価格が高い、または味がイマイチで続けるのが困難である場合が多いです。

そんな方にオススメしたいのが、今回ご紹介する青の花茶です。

コストパフォーマンスの良さと簡単に作れる点がとても魅力的で、作り方は市販の麦茶などと変わりません。

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

一度で1L程度作れば市販のダイエットティー以上のコストパフォーマンスです。

しかし優れた機能以上に、青の不思議な見た目から味が気になります。

そこで今回は、青の花茶がおいしいのか、徹底検証していきます。

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

青色が不思議!美しい見た目が気になる青の花茶とは?

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

そもそも青の花茶とはどのような商品なのでしょうか?

青の花茶を詳しく知らない人にもわかるように、簡単にご紹介します。

青の花茶は厳選された天然のハーブをブレンドして作られた、ハーブティーであり、ダイエットティーです。

その効果はダイエットだけでなく、ストレス解消にまでいたり、ストレス社会という名の現代を生きる女性に優れた効果を発揮してくれます。

また見た目の青色がとても特徴的で、SNS等で共有したくなるような神秘的な見た目です。

これは現在話題となっている、バタフライピーによるものです。

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

バタフライピーにはブルーベリーの約4.2倍のアントシアニンを含んでいる、マメ科の植物です。

タイなどでは、庭先に植えられているようなポピュラーなハーブとして古くより愛用されていきた歴史のあるハーブ。

そのバタフライピーを主成分とし、ストレスに効果を発揮するラフマや甘茶蔓、消化酵素の働きを阻害する甜茶、高い健康成分をもつメグスリノキを配合し飲むだけで痩せる体質を作り、肥満を防止してくれるダイエットティーとなっています。

本当にダイエットティ?青の花茶の魅力に迫る!

引用:https://www.pakutaso.com/20150156029post-5115.html

ストレスとダイエットに効果を発揮する青の花茶ですが、女性に嬉しい効能はそれだけに留まりません。

青の花茶の優れている所には、女性にはとても嬉しい美容に関して高い効果を発揮する所にもあります。

その理由は、青の花茶の成分にあります。

まず先ほどご紹介したバタフライピーですが、こちらは高いアンチエイジング効果が期待でき、今海外セレブからも注目のハーブとして有名です。

他にも甘茶蔓にも神経興奮を鎮静化しストレスや疲労に効果を発揮するサポニンが豊富である以外に、肌の参加を防ぎアンチエイジングに効果的な一面もあります。

このように、見た目の美しさだけでなく、使用しているユーザーもさらに美しくしてくれるのが青の花茶と言えるでしょう。

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

またストレスを溜めないことによる、ホルモンバランスの乱れを防ぎ睡眠の質の向上などの効果で、さらに肌を整える効果も期待できます。

その上ストレスは肥満と密接な関係であるため、

ストレスが溜まりやすい=脂肪を溜めやすい

以上のようなことが言えます。

ですので、青の花茶がストレスに効果的であることはダイエットティーとして優れた効果と言えるでしょう。

さらに青の花茶は食事制限など、他のダイエットと組み合わせてダイエット自体のストレス軽減にも使えるので、単体でも生活の一部としても優れた一面を持っています。

青色だけど美味しいの?

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

ストレスと美容に効果的なダイエットティーである、青の花茶の効果についてご紹介しましたが、本題の味はどのようなものなのでしょうか?

青の見た目から味が気になるかたが多いでしょう。

しかし見た目の不思議さから一転して、味はとても飲みやすいのが青の花茶の魅力でもあります。

これは口コミにも出ているのですが、効果が実感できなかったユーザーでも飲みやすさについて良い印象を持っていました。

青の花茶に不満を持つパターンは、ほとんどが効果を感じられないで辞めてしまうものですので、味についてはほぼほぼ心配しないで大丈夫でしょう。

引用:https://www.pakutaso.com/20170423111post-11196.html

ハーブティーですので、少々ハーブティー独特の匂いがありますが、主成分のバタフライピー自体はマメ科の一種であるため、若干豆の味わいがする程度でしょう。

さらに成分の甜茶には天然のハーブながら、砂糖の何倍にもなる甘み成分を持つので、スッキリした中にしっかりと甘さも感じられ、ほとんどのユーザーに受け入れられやすい味わいでしょう。

またゼロカロリーですので、ダイエット中に甘いものを合理的に摂取できるのもすばらしいところですね。

さらに美味しく飲みたい!オススメのアレンジ方法とは?

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

味はスッキリして飲みやすく、口コミも上々な青の花茶でした。

見た目と反して実は美味しい青の花茶ですが、クエン酸と反応して上記の写真のように色が変わる特性があります。

クエン酸とは詳しく言えばレモン等ですが、アレンジ次第ではさらにおいしく楽しく、効果的に使用できそうです。

そんな青の花茶のオススメアレンジがジンジャーティーです!

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

成分の一部である甜茶には消化酵素の働きを阻害する働きがあると説明しましたが、これは吸収を抑える効果になります。

そのため現在ついている脂肪を消費するわけではありません。

一応青の花茶には血流をよくし、代謝を高めることでカロリー消費を望めますが、その効果をさらに上げるために生姜を使用する訳です。

レンジで水に浸したおろし生姜を軽く温め、青の花茶に入れることで、通常の生姜の何倍もの効果を期待できます。

ダイエット中にはうってつけのジンジャーティーですので、イマイチ減量しない場合に試してみるのもいいでしょう。

まとめ

引用:https://www.pakutaso.com/20111038292post-784.html

青の花茶が実はおいしかったことを口コミなどと主観を元にお伝えしましたが、味だけでなく最初に紹介した通り、効果も魅力的です。

ストレス対策やダイエット、美容にまで効果が見込めるダイエットティーは他ではないでしょう。

しかしどれだけストレス対策ができても、基本的な睡眠などが疎かだと効果も半減してしまいます。

ですので正しい私生活を送ることが、ダイエットの近道と言えるでしょう。

睡眠時間が4時間以下の人は、8時間睡眠の人に比べて肥満率が50%以上となるデータも出ているので、青の花茶を飲んで早めに就寝してみてはいかがでしょうか?

-ダイエット

Copyright© Aight(エイト) , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.