ダイエット

青の花茶で痩せる?

更新日:

今海外セレブの間で人気のアンチエイジングに効果があるとされるハーブ、バタフライピー。

ブルーベリーでおなじみのアントシアニンが4倍以上と高濃度のこのハーブは、美容だけでなく青色の美しい見た目でおしゃれなハーブティーです。

そんなバタフライピーを主成分とし、ストレス社会を生きる女性のダイエットのサポート飲料として話題を集めるのが青の花茶です。

しかし美容効果があるバタフライピーを主成分としていますが、そのダイエット効果はどのようなものなのでしょうか?

今回は青の花茶で痩せることができるのか?徹底検証していきます。

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

アンチエイジングに効果抜群の青の花茶!

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

青の花茶の主成分であるバタフライピーは、現在台湾をはじめとする海外で人気となっており、バタフライピーのアントシアニンによる青色の見た目の美しさも人気の一つです。

しかしバタフライピーが人気である理由は、何と言ってもその美容効果にあります。

特にアンチエイジングに効果があり、海外セレブからも注目されているハーブがバタフライピーです。

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

タイでは古くからあるポピュラーなハーブとして馴染みがあります。

また効果だけでなく飲みやすさも魅力の一つでしょう。

バタフライピーは漢字で書くと、『蝶豆』となるようにマメ科の一種です。

そのため味も少し豆の感じがする程度のスッキリした味わいで飲みやすいと定評があるので、苦いのを想像している方は心配いらないでしょう。

そんなバタフライピーを主成分とし他にも美容に嬉しいハーブをブレンドしたのが、青の花茶ですので、バタフライピー単体以上に美容効果に期待できるでしょう。

美容だけではない!ダイエット飲料としても優秀!

引用:https://www.pakutaso.com/20160316088post-7415.html

美容効果に期待できるバタフライピーを配合した青の花茶ですが、青の花茶はダイエット飲料です。

誰しも女性であれば体型の変化に悩み、ダイエットの経験もあるのではないでしょうか?

特に食事制限や運動といった、苦痛や手間がかかるもので途中挫折も多いと思います。

しかし青の花茶にはその2つをなく、ダイエットができるというから驚きです。

その理由はストレスにあります。

ストレスと肥満には実は密接な関係があると言われています。

その理由には、ストレスを感じる際に分泌されるホルモンには脂肪を吸収しやすくする作用があると言われているからです。

青の花茶にはそのストレスを解消する効果があるハーブを配合し、ストレス太りを解消、改善する効果が見込めます。

特にダイエットにおいて大切な継続性が青の花茶はとても優れているため、健康的に簡単に行うことができる優秀なダイエット商品といえるでしょう。

青の花茶の成分は?(痩せる成分はあるのか)

引用:https://www.pakutaso.com/20170423111post-11197.html

ダイエット飲料である青の花茶には一体どのような成分が入っているのでしょうか?

ここでは青の花茶の気になる中身についてご紹介していきます。

・バタフライピー(蝶豆)

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

冒頭でもご紹介したバタフライピーですが、青の花茶の主成分にはこのハーブが使われています。

そのためバタフライピーのアントシアニンにより、上記のような美しい青色の見た目となっているのです。

バタフライピーの優れているところは、アンチエイジングに加えて血圧の上昇やメタポといった生活習慣病を予防するところにあります。

・甜茶

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

青の花茶は天然由来のハーブのみで作られており、ゼロカロリーです。

しかしスッキリした中に甘さもしっかりあり、飲んだ方は不思議に感じるかもしれません。

これは甜茶による甘みが原因でしょう。この甜茶には砂糖の何倍もの甘み成分が配合されこの甘み成分には消化酵素の働きを阻害し、肥満改善に効果が期待できます。

甘い物好きにもぴったりの青の花茶の理由には、大きく甜茶による甘みが原因ですね。

・甘茶蔓

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

こちらの成分も甜茶同様、甘さを持ちアマチャヅルという名前もその甘さから来たものといわれています。

効果としては高麗人参とほぼ同じ構成をもちストレスや疲労に大きな効果があると言われています。

また高い健康効果だけでなく、善玉コレステロールを増やし肝機能を改善してくれることや、肌の酸化を防ぎアンチエイジングに効果を発揮してくれるところも魅力と言えるでしょう。

・メグスリノキ

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

メグスリノキには名前どおりに、目に優しい効能を持ったハーブなのですが、ダイエット効果としてはカテキンが含まれている点があげられるでしょう。

カテキンにはCM等で皆さんもご存知かと思いますが、脂肪の燃焼促進の効果が期待できます。

しかし青の花茶は一定の味を確保するため、渋みの元となるタンニン(簡単に言うとカテキンのこと)を抑えられているため、その効果は期待しすぎないほうがいいかもしれません。

・ラフマ

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

ラフマにはメグスリノキ同様、カテキンが含まれ脂肪燃焼にも効果があるのですが、それ以上に精神安定といった高いリラックス効果が期待できます。

鬱にも効果があるとされるラフマには、精神安定の他に、免疫向上や血圧の安定などの効能もあり優れたハーブと言えるでしょう。

青の花茶はどんな人にオススメ?

引用:https://www.pakutaso.com/20160846242post-8859.html

青の花茶に高い美容効果とダイエット効果が期待できるのは、先ほどご紹介したような成分があるからでした。

そんな青の花茶のダイエット効果については、正直人によるところがあると思います。

飲めば必ず痩せるとは、言えないです。逆にそんな飲料は怪しいですが、、、

青の花茶でダイエット効果を感じやすい人は

・日常的にストレスを多く感じる

・間食が多い、または過食気味

以上の方がもっとも効果を感じやすいでしょう。

青の花茶には天然由来ながら、強い甘みを持つのでこれまでの間食を置き換えたり、食前に飲むことで食欲を緩和させることで効率の良いダイエット効果を期待できます。

ですので急激な減量はないものの、健康的で美容にもこだわったダイエットができ、緩やかに痩せていくことができるでしょう。

特にこれまでダイエットにおいて挫折の多い人や初心者は、スッキリ美味しい青の花茶で健康的なダイエットライフを初めて見てもいいかもしれません。

また他のダイエット方法や、運動、食事制限といったストレスを緩和させてくれる効果も期待できるため、ストレスフリーなダイエットライフにぴったりと言える商品でしょう!

-ダイエット

Copyright© Aight(エイト) , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.