ダイエット

青の花茶は快眠にいい?

更新日:

あなたは毎晩快眠できていますか?

睡眠とは人間にとってとても大切なことです。

実際に多くの人が1日の3割ほどを睡眠に使っているのが事実です。

この睡眠が実はダイエットに関係していることは知っていましたか?

引用:https://www.pakutaso.com/20170109011post-9936.html

しかし現代社会はストレス社会と呼ばれるくらい、ストレスを溜め込みやすい日常だと思います。

日々のストレスやイライラで快眠どころではないのが現実、、、

そんなストレスにぴったりなのが今回の主役である青の花茶です。

では実際に青の花茶はどんな効果があって、快眠に繋がるのでしょうか?

今回は青の花茶が快眠に効く理由についてご紹介していきます。

引用:https://www.pakutaso.com/20160846242post-8859.html

 

オシャレ女子の間で今話題の青の花茶とは?

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

皆さんは日々のストレスをどのように発散していますか?

お酒に頼っている、カラオケが好き、買い物でetc

色々なストレス発散方法があると思いますが、その中で過食に走る人も多いのではないでしょうか?

食べることは重要な生活の一部ですので、否定はできませんが、過食は体にもお財布にも優しいとは言えませんね。

特に気づかぬうちに体重が、、、

なんてことも多いはずです。

そんなあなたにオススメしたいのが、この青の花茶です。

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

幻想的な青色の見た目が特徴的な商品ですが、こちらは厳選した5種類のハーブで作られたダイエットティーです。

主な主成分に海外で高い美容成分が評価されているバタフライピーを使用しています。

そのほかにも天然由来の甘さを持ちながら、消化酵素の働きを阻害し脂肪の吸収を防ぐ甜茶などダイエットにも美容にも嬉しい内容となっているのが特徴です。

また見た目に反して、味はスッキリした中にも甘さを感じられ、ゼロカロリーながら誰にでも飲みやすいところも魅力ですね。

ですので継続して続けられるダイエットティーとして、オシャレや美容に意識の高い女性の間で話題となっております。

そんなダイエットティーである青の花茶には、なんとストレスを緩和する効果があるのです。

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

その理由は、青の花茶に含まれているハーブの一つであるこのラフマ。

ラフマには精神を安定させ、興奮状態を和らげる効果があり、鬱にも効果があると言われるハーブとなっています。

ほかにも血管の強化や安定、免疫向上など様々な効果が期待でき、体にも心にも嬉しいハーブです。

ほかにも高麗人参と近い効果をもつ、甘茶蔓などストレスに効果的なハーブもブレンドされ、これらの効果で日々の疲れやイライラを緩和させてくれます。

快眠できないのはストレスのせい?

 

引用:https://www.pakutaso.com/20160609158post-8054.html

青の花茶がダイエットティーでありながら、ストレス対策に優れた商品であることをご紹介していきましたが、ストレスがあるとなぜ快眠できないのでしょうか?

その理由は慢性的にストレスを感じていると神経が過剰反応して、いわゆる興奮状態になりやすいからでしょう。

例えるのであれば、運動した後とお風呂に入ってゆっくりくつろいでリラックスした後ではリラックスした後の方が、快眠できそうですよね?

極端な例ですが、ストレスを感じやすい場合、体はマラソンのように激しい運動をしていなくとも脈拍などは興奮状態のため高くなります。

そうなるとぐっすり睡眠できるわけがありません。

特に最近ではスマートフォンが普及し、就寝前のスマートフォンを操作することが睡眠の質の低下に繋がっていると言われています。

これもスマートフォンのブルーライトによる刺激を受けるのが原因です。

日々のストレスを緩和することは、心を落ち着かせ、深い睡眠へと繋がっているのです。

快眠とダイエットの関係性とは?

引用:https://www.pakutaso.com/20150100008post-5029.html

ここまででストレスを発散することは、快眠に繋がるということがわかりましたが、ではなぜ快眠が痩せることになるのでしょうか?

その理由はホルモンの働きにあります。

美容を強く意識する女性であれば睡眠のゴールデンタイムという言葉を耳にしたことがあると思います。

これはもっとも成長ホルモンが分泌される22時〜2時にかけてのことで、この時間に睡眠しているとお肌などの美容に効果的であるというものです。

この成長ホルモンですが、実は単にお肌を綺麗にするだけでなく、体を痩せやすい体質に変えてくれているのです。

引用:https://www.pakutaso.com/20170358067post-10571.html

最近ではすっかり洋食文化が日本でも定着し体型も洋ナシ型などお腹や腰回りの贅肉が目立つようになってきましたが、何も食文化だけが原因ではありません。

30代を超えてくるとぽっこりお腹に悩まされる人も多いですが、それは先ほど紹介したホルモンバランスの乱れにより体が内臓脂肪を溜め込みやすくなっているからです。

それと同時に年齢を重ねるにつれて、基礎代謝も年々下がってしまうので、乗じて脂肪を溜め込みやすいと言えるでしょう。

このホルモンバランスを整えるのに質の良い睡眠は不可欠です。

また寝ている際にも体は代謝を行い、カロリー消費が起こっています。

ホルモンバランスに加えてカロリー消費によって、実際に1日に睡眠時間が4時間ほどの人と7時間の人では短時間睡眠の方が肥満率が高く、その割合はなんと50%以上となっています。

実際に調査されたデータだけに、睡眠の大切さがわかりますね。

引用:https://www.pakutaso.com/20150632166post-5629.html

睡眠といっても、ただベットで多く寝ていれば痩せるわけではありません。

時間と睡眠の質も大切です。

特に質については、ストレスをできる限り排除しリラックスして就寝することが、快眠に繋がると言えるでしょう。

ストレスと一緒に脂肪もおさらば!青の花茶のオススメの使い方

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

睡眠はダイエットにおいてとても大切で、痩せるための睡眠にはストレス対策が重要なことがわかりました。

そんなストレス対策に青の花茶が役に立つわけですが、ただ飲むだけでもいいですが、どうせなら効果を高めてその成果を実感したいですよね。

そこで最後に青の花茶の効果的な使い方をご紹介します。

最も青の花茶が役に立ちそうな使い方は就寝前のリラックスタイムに飲むことです。

睡眠の質を高める上で、寝る前の準備というのはとても大切です。

よくある言葉としては、寝る前の食事は控えた方がいいとか、お風呂を入って寝ると快眠とは聞きますね。

それは食事によって睡眠中に体にエネルギが吸収されすぎるとか、体を温めることで快眠やリラックスにつながるなどの理由があるのですが、そんな就寝準備として青の花茶が役に立つでしょう。

また青の花茶の嬉しいところにカロリーとカフェインが共にゼロなところもあります。

しかも甘さをしっかりあるので、比較的吸収されやすい夕食を早めに済ませ、夜は青の花茶のみなんて使い方もダイエットにおいて効果的と言えるでしょう。

まとめ

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

青の花茶が快眠に効く理由を紹介してきましたが、いかがでしたか?

実際に睡眠も青の花茶も美容とダイエットに高い効果を発揮します。

ですので、質の良い睡眠とストレスフリーなダイエットライフを青の花茶で初めてみてはいかがでしょうか?

-ダイエット

Copyright© Aight(エイト) , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.