ダイエット

青の花茶はいつ飲むのがいい?

更新日:

青の花茶はダイエット商品や美容商品で人気のファビウスから販売されてまもない、期待の新商品です。

その効果はダイエットから美容までファビウスらしい素晴らしい内容ですが、飲むタイミングなどによっては効果が実感できないかも、、、

実際にはどんな時に飲んでも効果があるとされていますが、その効果をさらに引き出す飲み方があるはず!

そこで今回は青の花茶をいつ飲むのが効果的でなのか、調べていきたいと思います。

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

青の花茶で得られる効能とは?

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

青の花茶をいつ飲むべきなのかについてご紹介する前に、青の花茶にはどのような効能が存在するのでしょうか?

まずは青の花茶についてご紹介したいと思います。

青の花茶はダイエット商品や美容商品を取り扱うファビウスから販売された、ダイエットティーです。

ダイエットティーですので、飲むだけでスリムボディーに近づくことができる商品なのですが、青の花茶の魅力はそれだけに止まりません。

青の花茶で得られる効能は以下のようなものが挙げられます。

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

・高いリラックス効果

・高い美容効果

・眼病予防やお通じ改善、免疫向上などの様々な健康効果

ダイエット効果ももちろんあるのですが、これは高いリラックス効果による影響も含まれます。

人間はストレスを感じる際に体内でストレスホルモンが分泌されると言われており、

このホルモンには脂肪やエネルギーを吸収しやすくする効果があるので、体に脂肪を溜め込みやすくなる訳です。

ストレスを溜めにくい習慣を作ることは、太りにくい体づくりの第一歩と言えるでしょう。

実質成分レベルで青の花茶に脂肪を分解させる劇的な成分は少ないので、メインはこのストレスによる健康的な減量が主なものでしょう。

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

この他のダイエットに効果的なところを挙げるとすれば、甜茶が挙げられます。

甜茶には砂糖の約100倍近い甘みを持ちながら、その甘さ成分は消化酵素の働きを阻害し吸収を抑える効果があります。

甜茶の効能や甘さを利用すれば、置き換えダイエットなどで大幅に痩せることも可能と言えるでしょう。

他にもカテキンといった今流行りの成分も原材料のハーブに含まれていますが、青の花茶は渋みを抑えるためにタンニン(カテキン)を抑えて製造されていますので、その効果は期待できないかもしれません。

青の花茶の効果を最大限に引き出せるタイミングとは?

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

青の花茶は先ほどもご紹介した通り、いつどのような場合に飲んでも効果を発揮するとされるダイエットティーです。

大切なのは飲むタイミングより継続性とされていますが、それでも効果を引き出せる使用タイミングがあると思います。

ここではそんな青の花茶の効果をさらに引き出せるであろう、3つのタイミングをご紹介します。

・就寝前のリラックスタイムに

引用:https://www.pakutaso.com/20170109011post-9936.html

まず一つ目の青の花茶の効果を引き出せるベストタイミングは、就寝前です。

就寝前というのは、1日で最もリラックスしているタイミングですよね。

人によっては翌日のやるべきことや残業続きの毎日でうんざりしながら布団に入るかもしれませんが、、、

しかしこの就寝前は1日において、とても大切な時間といえます。

まず就寝前というのは、この時間の過ごし方によって睡眠の質が大きく変わってしまいます。

睡眠は1日の疲れを癒すだけでなく、実はダイエットにも大きな影響を与えるものの一つ。

とある調査によると、3時間睡眠の人の肥満率は7時間睡眠の肥満率の約80%以上となっています。

これは睡眠中も代謝が行われることや、ホルモンバランスを整える面での理由だと思われますが、それだけ人間にとって睡眠が大切なことだといえます。

この睡眠の質を上げる役目に青の花茶は最適であると言えるでしょう。

引用:https://www.pakutaso.com/20161003299post-9350.html

特に就寝前にストレッチなどを合わせて行うことにより、体温アップによる代謝の向上や、痩せやすい体づくりの一環となるためオススメです。

さらに入浴後であれば、なお良いでしょう。

青の花茶はカフェインもゼロなので睡眠前での飲用に心配要らずで、ゼロカロリーなのもあって深夜の飲食にありがちな不安もゼロです。

・携帯ボトルで小腹満たしに

引用:https://www.pakutaso.com/20150554141post-5541.html

ダイエット中に最も控える食べ物といったら、お菓子やケーキといった甘いものや間食でしょう。

甘いものは別腹という言葉が存在するように、このような食べ物はいくらでもお腹に入ってしまいますね。

そんな小腹が空いた際の頼もしい味方として、青の花茶が役に立ちます。

青の花茶はティーポットなどで、最大1Lと大量に作成が可能ですので、携帯ボトルで持ち運べば状況を選ばずどこでも飲むことができオススメです。

3時のおやつや衝動的に食べ物が食べたい際に青の花茶を飲めば、自然のほのかな甘みで食欲を抑えてくれる効果が期待できるでしょう。

また透明ボトルなどで持ち運べば、青色からくる食欲抑制もあるので、合わせてオススメです。

・置き換えダイエットや食前茶に

引用:https://www.pakutaso.com/20150554141post-5541.html

最後にオススメするのは、食前茶としてや置き換えダイエットとしての利用です。

本来であればお腹いっぱいに食事を楽しみたいですが、ダイエット中となるとそうはいきません。

ダイエット中に必要なものに食事制限があるように、摂取カロリーを抑えることはとても大切と言えるでしょう。

しかしそれでは我慢によってストレスを感じ、太りやすくなる悪循環です。

そこで青の花茶を食前に飲むことによって、青色の食欲抑制効果と、ほのかな甘さによる食べたい欲求を若干ながらも妨げることができるでしょう。

また我慢していることによるストレスも軽減できるので、オススメといえます。

夜食に関しては、その後の消費カロリーが少ないことからダイエットでは控えめを推奨しますが、上級者に関しては青の花茶と置き換えるなんてこともありえそう。

しかし我慢は程々が大切です。

青の花茶には優れた健康成分やリラックス効果は存在しますが、大切な栄養素はしっかりとることが大切なので、置き換える際は朝にしっかりとした食事をとるなど工夫が大切です。

まとめ

引用:https://www.pakutaso.com/20130540141post-2756.html

青の花茶を飲むオススメのタイミングについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

繰り返しになりますが、いつ飲んでも効果があるとされている青の花茶ですが、個人的にはこうしたタイミングや工夫はダイエットの成功には大切だと思います。

しかし一番大切なのは、一時的な努力ではなく、継続していくことです。

現在のライフスタイルと相談しながら、自分の無理のない範囲で青の花茶を活用してみてはいかがでしょうか?

-ダイエット

Copyright© Aight(エイト) , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.