ダイエット

青の花茶と他のダイエットティを比較!

更新日:

幻想的な青色と高い美容効果で今海外でも話題のハーブ、バタフライピーですが、そのバタフライピーを主成分とし全5種類のハーブを配合したダイエットティーが青の花茶です。

美容にもダイエットにもオススメの青の花茶ですが、現在市販品でも多くの商品が出回っています。

では他のダイエットティーに対して青の花茶はどのように優れているのでしょうか?

今回は青の花茶と市販のダイエットティーを比較してみます!

オシャレ女子必見!台湾でも人気のバタフライピーとは?

青の花茶が美しい青色の見た目である理由に、主成分であるバタフライピーがあります。

バタフライピーとは漢字で書くと、「蝶豆」となるようにマメ科の一種です。

味は少し豆の感じがする程度のスッキリした味わいなのですが、バタフライピーの魅力は美容性能の高さにあるでしょう。

アンチエイジングに優れた効力を発揮し、その魅力から海外セレブも注目のハーブとなっているほどです。

また美容意識の高いタイにおいては、よく見かけるポピュラーなハーブとして古くから存在し人々と近い存在として使われています。

青色の元となるブルーベリーの約4倍ものアントシアニンが豊富で、その効能は青の花茶にもしっかりと現れていますね。

青の花茶の効果は?

海外でも評価の高いバタフライピーを主成分とし、他にも健康や美容効果の高いハーブを配合したのが青の花茶ですが、どのような効果があるのでしょうか?

まず青の花茶の主な効能として以下のようなことが挙げられます。

・ストレス解消による、肥満体質改善と解消。ストレスによる過食の防止

・代謝を高めることにより、消費カロリーの向上

・自然由来の甘み使用で、ゼロカロリーでありながら甘みがあるので、カロリー摂取を控えることができる

・食事制限の強いサポートとなる(甘さがある点やストレス面において)

ざっくりと以上の効果が見込めます。

引用:https://www.pakutaso.com/20160316088post-7415.html

ダイエットといえば、食事制限が主に挙げられますが、食べたいものを食べられないのは強いストレスを感じます。

そんなストレス解消にも青の花茶はうってつけと言えるでしょう。

青の花茶自体に甘みがあるので、これまでお菓子等の間食が多かった方は、青の花茶に置き換えることによって摂取カロリーを抑える効果もあります。

美容に気を使いながら、自然と健康的に痩せることができるのが青の花茶の効果と言えるでしょう。

市販品と徹底検証!青の花茶の優れているところは一体どこ?

引用:https://www.pakutaso.com/20160316088post-7415.html

ここまで主役である青の花茶がどのようなダイエットティーであるか紹介して参りましたが、本題となる市販のダイエットティーとはどのような違いがあるのでしょうか?

今回は代表的な市販品の3つの商品と比較してみたいと思います。

では今回比較する市販品の簡単な紹介からしていきましょう。

まず一つ目がサントリーの黒烏龍茶です。

引用:http://www.suntory.co.jp/softdrink/kuro-oolong/product/index.html?ke=hd

黒烏龍茶の優れているところは、体に脂肪をつきにくくすることにあるでしょう。

詳しい説明はメーカーサイトに任せるとして、その効果は食事の約20%を抑えると言われています。

20%と聞くと少ないと思うかもしれませんが、特に脂っこいものを好む人であればその効果は絶大と言えるでしょう。

一般的に脂肪を無くすというよりは、食事から脂肪を減らしていくといった効果が期待できます。

以上のことを踏まえると、痩せるというより太りにくいといったイメージですね。

2つ目の商品は花王のヘルシアです。

引用:http://www.suntory.co.jp/softdrink/kuro-oolong/product/index.html?ke=hd

ヘルシアに関しては、燃やすといったイメージが強いと思います。

これはお茶に含まれる茶カテキンを多く配合し、脂肪の燃焼効果を高めて普段の生活で使う消費カロリーを上げるようなイメージですね。

詳しくいうと、カロリーというより体についている脂肪を減らしてエネルギーに変えるのでしょうが、、、

ですので、黒烏龍茶とは変わって食事の脂質やカロリーを抑えるものではなく、日々の代謝を上げてくれる物に近いでしょう。

最後に比較する商品はコカコーラのからだ巡茶アドバイスです。

引用:http://c.cocacola.co.jp/meguri/advance/

この商品は飲料としては初の、体についた脂肪を減らす効果があるローズヒップエキスを配合し、従来品の体の巡りプラス脂肪燃焼効果を加えたような商品です。

これまで紹介した商品2つと比較するのであれば、どちらかというとヘルシアに近い商品でしょう。

それに加えて体の循環を促してくれることによる、代謝アップも望めるのでバランスのいい商品であると言えます。

ここまで比較する3商品をご紹介しましたが、全て認知度も高く人気のダイエットティーですね。

では青の花茶と比較してどのような違いがあるのでしょうか?

ダイエット効果と飲みやすさ、継続のしやすさなど5つの項目で比較してみました。

基本的に市販のダイエットティーでは脂肪を抑制するか脂肪を燃焼させるかのどちらかです。

しかし青の花茶は甜茶の甘み成分による脂肪の吸収を抑制する作用や、代謝を高めて脂肪を消費させる効果が望めます。

またバタフライピーをはじめとする、高い美容効果が望めるのも青の花茶の特権でしょう。

飲みやすさに関しては、青の花茶のスッキリした味わいが最も飲みやすく癖が少ないと思います。

またストレス解消により継続してダイエットを行いやすい利点もあるでしょう。

最後のコストに関してですが、全体的にダイエットティーは高い傾向にあるので、ほとんど変わりません。

青の花茶も通販と面倒なところもありますが、1パックで作ろうと思えば大量に作成できる点を見ればコストパフォーマンスが良いとも言えます。

引用:https://www.pakutaso.com/20150713194post-5748.html

美容や脂肪の燃焼、吸収の抑制と全てに程よくバランスが取れているのが、青の花茶だと言えるでしょう。

特に美容やストレスケアーをしてくれるダイエットティーは他にないので、青の花茶の強みだと言えます。

こんなあなたにオススメしたい!青の花茶のおすすめユーザー

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

青の花茶と市販のダイエットティーを比較してきましたが、青の花茶はバランスの良い誰にでもオススメできるダイエットティーであるということがわかりました。

しかしダイエットの方法も色々あるように、ダイエットティーにも向き不向きがあると思います。

では青の花茶はどのような人に、特にオススメできるのでしょうか?

青の花茶を特にオススメしたい人は、日常生活で慢性的にストレスを抱えやすい人でしょう。

ストレスを感じることで、人は脂肪を吸収しやすくするホルモンを分泌します。

ですので、ストレスと肥満は密接な関係があるのです。

そこで役に立つのが、青の花茶ということです。

青の花茶を飲むことでもダイエット効果を望めますが、慢性的なストレスが緩和されることで、体質改善や体調や肌の安定といったダイエット以外のメリットも多いでしょう。

また他のダイエットと組み合わせて、ストレス軽減にもオススメですので、ダイエットの強い味方の青の花茶単体でストレスフリーな減量に挑戦してみてもいいですね。

-ダイエット

Copyright© Aight(エイト) , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.