ダイエット

青の花茶のデメリットって?

更新日:

天然のハーブを配合し現代社会におけるストレスに効果が期待できるダイエットティーが青の花茶ですが、ユーザーが気になるのは見た目でしょう。

青の花茶は驚くほど青いです。

青といえば食欲を抑える効果が期待でそうですが、体に悪そうなイメージを持っている人も多いはず。

そこで今回は青の花茶にデメリットがあるのかについてご紹介します!

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

見た目のインパクトが話題!青の花茶とは?

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

今回は青の花茶のデメリットについてご紹介していきますが、その前に青の花茶について知らない方もいるのではないでしょうか?

そんな方のために、簡単に青の花茶についての紹介から始めたいと思います。

青の花茶はスッキリフルーツ青汁などで知られる、FABIUS(ファビウス)から販売されているダイエットティーです。

ダイエットティーですので、ダイエットをサポートしてくれるような飲料になっていますが、特徴として冒頭でも触れたように青色の見た目がインパクトを与えてくれます。

特に女性はSNSなどの画像としても嬉しいオシャレなドリンクですので、ダイエットだけでなく見た目でも楽しむことができそうです。

引用:https://www.pakutaso.com/20160846242post-8859.html

肝心のダイエットについてですが、青の花茶の優れたところはダイエットを影ならもしっかりとサポートしてくれるところにあるでしょう。

青の花茶は飲むだけで急激に痩せるような、効果が強いものではありません。

青の花茶の効能としてストレスの緩和や解消がありますが、これはストレスによって分泌されるストレスホルモンによって脂肪を吸収されやすくなる点がダイエットにおいて効果を発揮します。

またストレス解消によって改善されるものはこの他にお通じといった、代謝やデトックス効果についても期待ができるのが青の花茶です。

さらに青の花茶には消化酵素を阻害して吸収を抑えるハーブも配合され、この成分には砂糖の何倍もの甘みを持っています。

ダイエット中にも関わらず、甘いものを効率よく摂取できるのは青の花茶だけの特典と言えるでしょう。

実は美容に効果的?

引用:https://www.pakutaso.com/20150713194post-5748.html

ストレスに効果的でダイエットのサポートとして効果を発揮してくれる青の花茶ですが、効能はそれだけに留まりません。

青の花茶の嬉しいところに、美容効果も期待できる点が挙げられるでしょう。

その理由は見た目の青色にも関係している主成分、バタフライピーがあります。

バタフライピーとは、タイでは庭先で見られるようなとてもポピュラーなハーブとして古くより愛用され、バタフライピーの高いアンチエイジング効果は海外でも話題となっています。

引用:https://www.pakutaso.com/20150713194post-5748.html

青色の色素にはアントシアニンが豊富に含まれており、その濃度はブルーベリーの約4.2倍と驚きの数値です。

他にも肌の酸化を防19ぐ効能を持つハーブの甘茶蔓も配合され、痩せながら美容効果も期待できます。

もともとストレスを溜めないことは肌や健康にも効果的ですので、さらに効果が期待できそうですね。

青の見た目は着色料?気になる成分とは?

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

青の花茶がストレスや美容に効果的なダイエットティーであることがわかりましたが、その成分はどうなっているのでしょうか?

見た目の青色については先ほどネタバレしてしまいましたが、主成分である天然ハーブのバタフライピーによるものです。

このバタフライピーの豊富なアントシアニンにより、美しいオリエンタルブルーが生み出されています。

ですので色に関して着色料等を使用せず安心して飲むことができるでしょう。

引用:https://www.pakutaso.com/20170423111post-11196.html

また成分に関しても天然ハーブで構成され気になる添加物も見当たりません。

ハーブの詳細としては

・バタフライピー

・甘茶蔓

・甜茶

・メグスリノキ

・ラフマ

以上の5つで構成され、効能としては先ほども紹介した高い美容効果をもつバタフライピーを主成分とし、ストレスに効果を発揮する甘茶蔓。

消化酵素の働きを阻害し、肥満改善に効果的な甜茶。

高い健康成分が注目のメグスリノキ。

高いリラックス効果は鬱にも効果があるとされるラフマを配合しています。

5種類それぞれ優れた効能があり、それらが働きあい、優れたダイエット効果を引き出してくれるわけですね。

青の花茶にデメリットはあるの?青の花茶の悪いところを徹底調査!

引用:https://www.pakutaso.com/20170212038post-10298.html

青の花茶のオシャレなオリエンタルブルーは、着色料ではなく天然由来でした。

成分としても天然ハーブで安心できそうですが、デメリットは存在しないのでしょうか?

ここでは青の花茶の気になるデメリットについてご紹介します。

まず成分に関してのデメリットですが、基本的にないと言えるでしょう。

妊婦の場合や他の薬との併用しように関しては、医師の相談が必要とされるハーブもありますが、基本仕様に関しては特に心配されるような効能は見当たりません。

しかし体に対して合う合わないがあるようで、マイナス意見にお腹がゆるくなったなども寄せられていました。

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

効能や効果以外のデメリットで言えば、通信販売でコストが割高に感じるところです。

1袋に30パック入っており、マグカップで作成の場合1日1杯となります。

しかし1パックで1Lほどの量を一気に作ることも可能ですので、使い方によってはコストパフォーマンスにも優れているでしょう。

その上渋みの原因となるタンニンを抑えられているので、タンブラーなどで持ち歩いても美しい見た目と味わいはしっかりキープされます。

引用:https://www.pakutaso.com/20161019295post-9318.html

他に強いてデメリットを挙げるなら、効果を体感しづらいところでしょう。

これは青の花茶自体に強い燃焼効果を持っていないためですが、代謝をあげてくれたり体の中から健康的になるようなデトックス効果も期待できるので、徐々にでも体の改善には期待できます。

特にストレスを溜めやすく、ついついどか食いしてしまう人にはぴったりですので、最近イライラしてるなーて人は是非試して欲しいですね。

まとめ

引用:https://myfabius.jp/products/aonohanacha

青の花茶のデメリットについてご紹介しましたが、あまり目立ったデメリットはありませんでした。

しかし個人差はあるので、効果が絶対にあり不具合もないとは言い切れませんが、ハーブの効能や口コミからは期待通りの効果を得られそうです。

口コミの中には青の花茶のみで5キロの減量に成功したユーザーも存在します。

ですので個人差はあるものの、ダイエットティーとしての効果は高いと言えるのではないでしょうか?

また青の花茶は天然由来の美しい見た目とスッキリした美味しさが魅力ですので、リラックスタイムのお供としても優秀と言えるでしょう。

-ダイエット

Copyright© Aight(エイト) , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.