自動車

新型プリウスのグレード別のオススメの装備は何なのか?!

投稿日:

2015年12月に新型プリウスPRIUSが
フルモデルチェンジをして新発売されます。
もうすでに事前予約を受け付けており、かなりの注文数が入っているようです。

新型プリウスのグレードを発表!

新型プリウス グレード

正式な発表はまだ行われていないのですが、
ディーラーさんの話を元に予想しますと、
若干価格は値上がり傾向になっているみたいです。

今回フルモデルチェンジをする新型プリウスは、
現行モデルよりも1グレード多くなり、次の7グレード用意されています。

標準モデル

  • Eグレード
  • Sグレード
  • Aグレード
  • Aプレミアム

ツーリングセレクション

  • Sツーリングセレクション
  • Aツーリングセレクション
  • Aプレミアムツーリングセレクション

こちらは現行モデルの3代目プリウスのグレード設定です。

標準モデル

  • Lグレード
  • Sグレード
  • Gグレード

ツーリングセレクション

  • Sツーリングセレクション
  • Gツーリングセレクション
  • Gツーリングセレクション レザーパッケージ

今回フルモデルチェンジをして新発売される新型プリウスの中で
一番安いのはEグレードです。
現行モデルのLグレードに相当する仕様になっており、売れ筋グレードの
Sグレードと比べると装備・機能は簡素化されています。

グレードの詳細

WS000006

例えば遮音材・リヤワイパーとのカバーなどは装備されてないようです。
また、ハンドルも握り心地の良いウレタン製になっています。
ですので、このような内装・インパネとは少し印象が異なるかもしれません。

ただ、このEグレードは他のグレードには無いメリットもあります。
それは燃費が他のグレードよりも良いことです。

Sグレードの人気が高い

Sグレード、現行モデルのSグレードと同様に
人気が高いと思われるのがこのグレードです。
最下位グレードのLグレードよりも機能・装備が充実。
Lグレードでは装備されていなかったトノカバーなども装備され、
シート生地も高級感のある生地が使用されているようです。

それ以外にもスピーカーが4個から6個に増えるなど快適装備も充実。
このグレードでも十分な機能・装備を備えているそうです。

この新型プリウスのSグレードの燃費は37.0km/LとLグレードよりも
若干悪くなるのが少し残念ですが、機能や装備の事を考えると今回もこのグレードが
一番人気になりそうです。

フルチェンジした新型プリウスのAグレードの装備や機能の特徴は、
安全装備が充実していることです。

安全装備も充実

今回新型プリウスに初めて登載される安全装備システムの
「トヨタセーフティセンスP」やブラインドスポットモニターなどが
標準装備されるのは、このAグレード以上です。
また、外見・エクステリアなどでも
LEDフォグランプ(補助灯)が装備されるなど違いがあります。

下位グレードでもメーカーオプションでトヨタセーフティセンスPなどの
安全装備を付ける事はできますが、
安全装備を付けたいのならこのAグレードを装備した方がお得でしょう。

今回新設定された新型プリウスのAプレミアムグレードは、
ツーリングセレクションではない標準モデルの最上位グレード。

Aグレードは全て最高装備か

新型プリウスの最上位グレードに相応しく装備や機能も豪華。

このAプレミアムグレードでは、本革シートなど高級な装備が設定されており、
他のグレードよりも贅沢な仕様になっています。

このグレードには、本革シート以外に運転席の電動調節機能やナノイー機能、さらには
アクセサリーコンセントなども標準装備されるようです。
高級品を味わいたいなら、新型プリウスの
Aプレミアムグレードが一番良いかもしれません。

スポーティーな仕様はこのグレード!

新型プリウスの標準モデルのSグレードをよりスポーティーにしたのが、
Sツーリングセレクション、ツーリングセレクションの中では
一番最安値のグレードになっています。

ベースとなっているSグレードの違いの一つは、足まわりのデザイン
17インチのアルミホイールを装備しています。
また、それ以外にも専用のリヤバンパーや
合成皮革・快適温熱シートが標準装備されるようです。

スポーティーなエクステリアや
合成皮革シートなどに魅力を感じるのならお買い得のグレードになるでしょう。

因みに、安全装備の「トヨタセーフティセンスP」は標準装備ではなく、
メーカーオプション設定なのでご注意を。

新型プリウスのツーリングセレクションの中でも中間グレードに
あたるのが、Aツーリングセレクションで、
現行モデルのGツーリングセレクションに相当するグレードです。

新型プリウスのAグレードをベースにしていますが、
走りに関連した装備が追加され、
スポーティーな走り心地を楽しめるようになっています。

上質感のある合成皮革や快適温熱シートなどが標準装備されています・

また、Aグレードと同様に「トヨタセーフティセンスP」など安全装備を
装着しています。スポーティーな
雰囲気のクルマに載りたいのなら、このグレードがお薦めです。
今回新発売される新型プリウスでは、
Aプレミアムツーリングセレクションも含めて、
カーナビが標準装備されるグレードは無いようです。

新型プリウス 赤

今回フルモデルチェンジをする新型プリウスでは、
3代目モデルよりも若干価格が上がるようです。

最近のクルマは値上がり傾向にありますが、価格や装備を考えると、
基本的な装備が付いているSグレードやトヨタの
安全装備トヨタセーフティセンスPが標準装備される
Aグレードなどが一番人気のグレードになりそうです。

燃費40キロ超えの世界に

今回発売される新型プリウスは燃費に特化したグレードとなっており、
JC08モード燃費で40km/Lを達成している唯一のグレードとなっています。

乗り心地や快適装備よりも燃費を重要視するのなら、
このグレードは良いかもしれません。

関連記事
トヨタの新型プリウスの色(カラー)情報
新型プリウスの居住性が大幅にアップ!
完璧と言われる新型プリウスに欠点は存在するのか?

-自動車

Copyright© Aight(エイト) , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.